がんばり王国のみなさまへ

がんばり王国があることをご存じですか?

睡眠時間も、体調も、かえりみず、
やりたいことをやり抜いて気づくと
体調を崩してしまっている人々の王国です。
もしかしたら、
あなたもこの国民かもしれません。
もし、そうかもと思ったら
読みすすめて下さい。

この国民はがんばっているつもりは
ありません。

あたりまえのことをしているのです。

だって、眠らないほうが1日が
長いじゃないか、眠るのなんて無駄だよ。
体調が悪くなったって、
そんなの医者が
どうにかしてくれることだよ。

仕事なんて無理をするのがあたりまえだよ。
って、心の中で思っています。

そして、
他の国の人もがんばり王国の国民に
感謝しています。
しっかりと終わりまで責任をもってくれる。
任せられる。

眠らない、体調不良
仕事は無理をするもの
こんな考え方があたりまえにあるとしたら、

あなたは
もうすっかりがんばり王国の国民です。

もし、国民かもと思ったら。
まずは自分を観察してみてほしい。
マッサージで、背中鉄板ですね、
とかヘアサロンでお客さん凝ってますねー
と、言われたことはないでしょうか。
でもでも、あたりまえ、
気にしない気にしない。
と思ってはいないでしょうか。
もし、そうなら立ち止まって下さい。

毎日スポーツジムに通って、
運動もしていて、
人より健康だと思っていたとしても。
立ち止まって下さい。

あなたは既に痛みを
感じにくくなっています。
痛みを感じないと、自分をケアできません。

痛みに対する感覚が麻痺していいます。
麻痺しているので、痛みを感じないのです。
異常事態です。

異常事態は平常に戻っていくほうが
良いと思います。
何が異常なのでしょう。
人は戦うか逃げる時以外は、
辛いときには辛いと感じることができます。

痛さや辛さを感じないということは
このスイッチが壊れているかも知れません。
戦うスイッチがオフになりません。

戦うスイッチをオフにする方法があります。

五感を意識的に使うだけでオフになります。
・重さを考え
・小さな音に耳を澄まし
・呼吸や鼓動を確認して

3分くらい静かにしてみてください。
きっと、
それまで気づいて居なかった違和感に
気づくと思います。

違和感に気づいたら、
違和感を言葉にしてください。

もしうまく言葉にならなかったら。
違和感をメモ帳に線で描いてみてもいい。
ちょっと灰色とか曇り空のように、
色や天気に喩えてみるのもいいと思います。

はじめは、
なかなか違和感を味わえないものです。
だって嫌なことだから。

でも味わうことで自分自身をケアすることが
できるようになっていきます。

味わうことができるようになるために。

次の順で練習が効果的です。
実際に食べ物から初めることが
おススメです。
食べ物、音楽、絵画、文章、痛み、気持ち
などなど。

・好きなものを味わう練習をしましょう
・嫌いなものを味わう練習をしましょう
・怖いものごとを味わう練習をしましょう

だんだんと、自分に起きていることを
味わえるようになっていきます。

味わえることが増えてくると、
自分を大切にできるようになっていきます。

国民はどうして
がんばってしまうのでしょう。
一部の人は何か怖いことがあるとき、
替わりに何かをがんばることがあります。

怖いことは
痛いこと以上に味わいたくないこと
なので、何か行動を起こすのです。
何かをしている限り
怖いことは味わう必要がありません。

怖いことはそれくらい見ることが
嫌なものなのです。

もしかしたら、
あなたの中にも
怖いものがあるのかもしれません。

でも、怖い気持ちは自分の大切なことを
護るために生まれています。
怖いことに向き合い大切なことを
大切にできたとき、

がんばりは止めることもできます。

やりたいことを、やりたいだけやるために、
感覚の麻痺を治し、
休めるようになってほしい。

頑張り過ぎている人にちょっとは
休むようになってほしいのです。

気持ちもからだも
健やかに過ごせますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です