失敗からのはじまり

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

昨年も大変お世話になりました。

昨年は、自分自身のセルフケアの失敗をした年となりました。
睡眠、食事、運動、その全てが乱れながらも、自分自身のリラクセーションや調整をしてきました。
仕事、プライベートともに自分自身だけでは調整が効くものではなく、調整が難しいことがあります。
そのような中でも自己調整をしていく技術があったからこそ、どうにか新年を迎えることができているのだと実感します。

三が日を使って、少々ホームページを整えることができました。
この絵は、1月2日に描いた、近所の切り株と森です。

切り株は、私が参加させていただいている、下町グリーフサポート響和国のシンボルマークでもあります。
実際に描いた切り株は枯れておりますが、それでも根は広く張っていてしっかりしています。

実際に生きている切り株は、ネガあり、新たな目を出して生きます。

どんなに悲しいことがあっても、根を張っていれば再び目を出し葉を出すことができる。

そう信じてことしても非力ながら、ゆるみをとどけていきたいと思います。

向井清二

 

ゆるまりの稽古

日曜日の朝
ゆったりとした時間をお届けしています。
からだとこころをゆるめて、ほっこりとしたカラダとこころを味わいます。
嫌なことがあっても、辛いことがあっても、からだはここにあって息づいています。
誰が何を言っても、あなたは今ここに生きています。
一時を味わい、また続けていこう、
進んでいこうと思えるために自分に安らぎを届けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です