「休息の技術」はじめての方へ

定期的な開催や、呼ばれて、ゆるむ会で「休息の技術」を伝えています。

このワークショップでは、ひとりで、できるリラクセーションの方法を伝えています。
プログラムは2つの部分で構成されています。
1.モードチェンジ
2.少し緊張させて、ゆっくりゆるめていく
モードチェンジは「することモード」から「あることモード」への変更を行う準備のワークです。

このワークはリラクセーションのみならず、仕事の集中や、勉強の集中などにも役に立ちます。

普段、私達は何かをするために自動的に準備をし行動しています。そして、からだの反応には気づいていないことが多いものです。
からだは、とても早く反応していて、その速度は0.02秒とも言われています。また、言葉になるまでには0.5秒程度かかると言われています。言葉で考えながらからだを感じることは難しいのです。そして、からだへ意識の向けていくとモードチェンジは起きます。
仕組みはシンプルです。五感を意識的に使うことでモードは変化していきます。体験を楽しみにしていてください。

ゆるむ講座のご案内

休息と武道の神髄は似ているようです。大地にゆだね、五感をひらき、鎧を脱ぐことで、からだは力を取り戻していきます。
毎月第3日曜日に品川開催しています。東京近郊でお住まいで、力強くありあたい方是非いらしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です