命を大切にすること

8月20日に「目と体のシンクロ」を用いたリラクセーションワークショップを行いました。
3人の参加者の方とじっくりとした時間です。

参加者の方は、ワークを丁寧にすする間に自然に多くのことに気づかれます。「自分の事柄についても曖昧にとらえていたこと」「観察が重要だということ」「リラクセーションすれば、体は回復しはじめる」などです。

これらの気づきは、命を大切にすることに繋がっていきます。自分自身に関心を持ち、自分のことを明確にとらえ、体のシステムを信頼して、工夫をこらす。そうしていくことが、生きるということだということに繋がっています。

ただ、都市生活の中で陥りやすい罠がたくさんあります。長時間仕事をしなければいけない。とにかく無理をすれば成果がでるはずだ。休んでいる暇はない。病気は医者がなおしてくれるべきだ。休んでなんていられない。情報が多く処理をしなければいけない現代。そしてパソコン、スマホを使うことが日常となっている現在。また混迷している社会の中ではそれもしかたのないことかもしれません。

しかし、そうこうしている間に、大病になってしまったり、人間関係を壊したりしてしまいます。大病して気づいて生活改善ができればよいし、人間関係を回復して関係作りを学べればそれは一つのきっかけかとも思います。ただ、繰り返し続けることは残念だと思うのです。

人間の行動は全ては命をまもるために機能しています。危険なときは戦い、逃げる。安心なときは成長のために学び育ちます。どんな反応にも無駄な物はありません。「いただけない反応」をする時期もあるでしょう。休めない時期もあるでしょう。

自分でもやってしまったと思う事柄があるかもしれません。そして、まだ生きていて、どうにかいい方向にすすむことができるはずです。

わたしは、先日のワークショップで、改めて思いました。

命は信頼していいと。適切な手順で問いかけることで自ら問題を特定し、解く能力があると。

みなさんが、自らの命を信頼し、すすみたい方向へすすみ、ときの緊張をゆるめられるようになること、そのお手伝いをしたいと思います。

来月は9/17日曜日に開催します。

【定期開催】セルフケアワークショップのご案内

「目と体のシンクロ」による、考えてしまって休めない人のためのリラクセーションワークショップを毎月第3日曜日に開催しています。
東京近郊でお住まいで、リラクセーションに関心のあるかた、是非ご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です