目と体のシンクロとはリラクセーションを目的としたワークです。

リラックスすればいいのに、と気軽に言うことがあります。しかし、リラックスがなかなかできないという方もいらっしゃいます。私もその1人でした。

ついつい考えすぎて、リラックスがなかかできな人のために、考えたリラクセーションのワークが「目と体のシンクロ」です。

夢を見ている間、目が早く動いていることはよく知られています。その時の目の動きを「ラピッドアイムーブメント」と言います。速い目の動きです。そのとき、とても多くのことを考えています。

実は都市生活も、情報が多く判断しなければいけないことが多いため、目の動きも必然的に速くなっています。目が速く動いてしまっては、リラックスできません。そこで、目の動きをゆっくりにする、ことに着目しました。

そして、もともと体とは少し力を入れて、力を抜くとゆるむことが分かっています。目の動きと体の動きをゆっくりさせてシンクロすることで、リラクセーションが起きやすくなるようにしています。

ワークショップでは、「目と体のシンクロ」をする前に、「休息の準備」ワークをおこない、ゆるめられる体験、ゆるめる体験をしながら楽しみながらリラクセーションを体験していきます。

また、ひとりでもできるように「目の動きの固定と呼吸」のワークもお伝えします。

  1. 目の動きが速いと休むことができない(夢を見ている状態)
  2. 体はゆっくり動かすとゆるむ(漸進的筋弛緩)
  3. 目と体の動きをゆっくりシンクロするとリラクセーションできる

参考

リラクセーション反応」ハーバート・ベンソン著

リラクセーション」成瀬 悟策著

右脳で描け」ベティ・エドワーズ著

「21世紀に課せられた子どもの感覚 予防医学としての教育」ミヒャエル・グレックラー講演録

【定期開催】セルフケアワークショップのご案内

「目と体のシンクロ」による、考えてしまって休めない人のためのリラクセーションワークショップを毎月第3日曜日に開催しています。
東京近郊でお住まいで、リラクセーションに関心のあるかた、是非ご参加ください。